2012年08月27日

試行錯誤だ

二次試験事例演習に悪戦苦闘している。
。どんな風に苦闘しているかというと、時間切れ、真因分析ができてない、それに設問の解答要求の理解がズレているの三点だ。
設問要求の理解のズレは回答と設問要求の間にある論理構成パターンのデータベースが少ないからのようだ。
時間切れの要因は与件文の根拠と問題を対応させる際に問題用紙に全て書き写してさらに解答用紙に書き写しているので手間がかかっているからみたいだ。
真因分析ができない要因はSWOT分析などのフレームワークにあわせた与件文の整理がしっかり出来てないからみたいだ。
模範回答と自分の解答を比較して使える設問と解答との論理構成を増やしてみよう。
与件文と問題を対応させる際には略語で図式化する方法で時間を削減できないか試してみよう。フレームワークによる整理は
数をこなし、模範解答と自分の解答を比較し
て調整してみよう。(フレームワークで分析出来ないこともあるという認識も頭の片隅におきつつ)
当面は試行錯誤が続きそうだ。
posted by エイジ at 18:13| 神奈川 ☀| Comment(0) | 二次試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。