2011年02月01日

独学はマイペースすぎる

TACでは経済がもう中盤に入っているころかと思いますが、まだ運営管理の過去問や昨年の答練を解いてます。企業経営理論のころに比べるとサブノートが膨大な量になっていて、テキストをそのまま写しているような感じになってしまってました。勉強時間も運営管理だけずば抜けて多くなってしまい、一度勉強方法の検証が必要そうです。

テキストの単元ごとにテキスト通読⇒過去問⇒答練⇒スピード問題集⇒模試をやるのは結構時間がかかります。テキストは一度昔の講義で読んでいるので、この箇所の一部をECRSの原則でいうところのEliminete(排除)できそうです。しかし理解なしには先に進めないからなあ。ここは知恵を絞る必要があります。

独学・通信はマイペースでいいですが、ペースをつかむのが難しく、モチベーションも落ちがちです。独学のいいところは自分でテキストを読み進めるとき。なにか一人で歩いている感じ。受動でなく100%能動で歩いていく感じがいいです。でも能動ってのはかなり根気とエネルギーのいる作業なのでモチベーションを高める方法を確立するか、ペースメーカになるものを見つけないと厳しいです。

仕事もようやくヤマを超えました〜。意外になんとかなるもんですね。乗り越えなければいけない壁っていうのは後になって見るとただ、前向きに努力できたかどうかだけが、勝負どころのような気がします。私にとってはセルフコントロール力を高めたいというのも資格取得の動機の一つなので、何事も前向きに頑張ってみたいと思います。



posted by エイジ at 23:37| 神奈川 | Comment(0) | 一次試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。