2010年09月28日

平成22年度一次試験の敗因分析

平成22年度中小企業診断士試験の敗因分析を先週から行っていましたが、大体の間違い傾向、対策が見えてきました。
一番にいえることは経済が例年に比べて難しいとか以前に、『基礎力不足』です。
TACの合格座談会や体験記などでよく語られていた各科目の知識の『橋げた』が脆すぎました。
学習した論点だったのに正答できなかったというケースが多かったです。例えば、運営管理で『デカップリングポイント』という用語が試験に出たんですが、勉強した用語(TACの答練に出題されており、本試験出題予想の本命とされていた論点でした)にもかかわらず、知識があやふやで間違ってしまった・・・とこういったケースが非常に多かったです。
『これは勉強したはずなのに。。。』なんて少し泣けてきました。

ただ敗因分析をすることで『この試験無理かも。。。』っていう漠然とした不安が薄れ、『じゃあどうすればいいのか?』って前向きな気持ちがどんどん生まれてきました。
何事もそうですが、自分ではすごい大きな問題と思っていることでも、具体的にフォーカスしていくと意外にたいしたことないと感じることができることって結構ありますよね。

今後の対策は一次試験知識の『橋げた作り』です。
一次試験で回答できるまでに持っていくには
出題領域の知識をしっかりとインプットして、知識の土台をしっかりと作っていかなければいけないなあと痛感しました。

明日から過去問とTAC教科書の紐付けです。インプット頑張っていこう〜!






posted by エイジ at 22:13| 神奈川 ☁| Comment(0) | 一次試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

勉強方法の個別相談会

9月18日(土)にTAC渋谷校へ中小企業診断士受験経験者向けの個別相談会に行ってきました。
A41枚に今までの勉強量・スケジュール・方法等をまとめ、今後の勉強方法について相談してきました。

やはりまずは受験失敗の敗因分析で、なぜ問題が解けなかったのか?ケアレス、時間、知識、読解力など原因を考察し、問題点を明確にし、過去問を中心にインプットの整理をしていくことが大事とのことでした。

インプットの勉強方法については、TACテキストの各章あたまにあるポイントをひとつひとつ書いていって覚えていこうかと考えていたのですが、『科目にもよるが、教科書のポイントをまとめるという作業は受験経験者にとっては無駄な作業が多くなる可能性が高いので、過去問中心にインプットとしてまとめていくほうがいいですよ』とのお話があり、目からウロコでした。(っていうか俺昨年気づいとけよ〜)
たとえばH19年に情報システムでRAMについて出題されているとしたら、それと同レベルの知識であるROM(マスクROM、PROMなど)とRAM(DRAM、SRAM)をまとめて覚えていく感じで、過去問とTAC教科書の紐付け作業のようなイメージですね。まあTAC教科書には出題年度と問題番号が書いてあるので紐付け作業は楽かなと思います。

それと気になったのが昨年度の教科書や答練が来年度の勉強でも使えるのかということでしたが、中小企業政策・経営と法務以外はそのまま使えるとのことでしたので、そのまま使用します。ただ、もう答練の問題を覚えてしまっている可能性が高いので、スピード問題集も別に購入しようかと考えています。

来年度一次合格に向けた勉強方法の大きい流れは、
@敗因分析(9月)⇒A過去問と教科書の紐付け、インプット整理(9月〜3月)⇒Bスピード問題集・トレーニング・答練・過去問などアウトプット整理(9月〜4月)⇒CTAC直前パック受講(5月〜7月)
※上記の勉強とは別に『財務・会計』については集中特訓を毎日解く

昨年度との違いはインプット整理と過去問分析が加わったことですかね。
また苦手科目である財務は単科受講してみたらどうかという話があったのですが、これは迷ってます。

その他二次試験についてですが、今の段階ではとりあえず過去問をじっくり解いてみることが大事ということでしたので、それも上記に加えていきたいと考えてます。

当日の担当講師の方には丁寧に説明していただき、本当、感謝です。

さあ、まずはTACから届いた22年度一次の模範解答を使って敗因分析だ!!
ひとつひとつ頑張っていこう!!
posted by エイジ at 18:24| 神奈川 🌁| Comment(0) | 勉強方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

二次試験の事例1を学ぶ

久しぶりに二次試験の勉強をした。
経営戦略の定義や環境適応(SWOT分析)について、
また経営理念⇒企業戦略⇒事業戦略⇒機能戦略の
個々の定義についておさらいした。
その他事例Iの特徴・傾向を分析し、
過去にやったことのあるプレ事例集を復習してみました。

いや〜SWOT分析はすごく役に立ちそうっていうか
必須アイテムなんだと感じました。

プレ事例は簡単な短文の事例集ですが、やはり
『編集力』が必要というか、なかなか設問に対する回答が難しい。

2問目での間違いは
(Q2)A社が業績悪化を招いている最大の要因を15文字以内で述べよ
    ●私の回答⇒顧客ニーズを満たしていないから
    ●模範解答⇒環境変化に対応していないため

やっぱり価格競争の激化と顧客ニーズの変化を一言にまとめて書かなきゃいけなかったか!

まだまだ道のりは遠そうです。。。
でも頑張ります!!
posted by エイジ at 23:31| 神奈川 ☔| Comment(0) | 二次試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。